横浜関連企業ソリューション-都市開発編-

  • 株式会社竹中工務店

    技術内容
    1. 建築工事及び土木工事に関する請負、設計及び監理
    2. 建設工事、地域開発、都市開発、エネルギー供給および環境整備等のプロジェクトに関する調査、研究、測量、企画、評価、診断等のエンジニアリング及びマネジメント 他
    国内実績
    東京タワー、赤坂迎賓館、日本武道館、成田国際空港(第1、第2ターミナル)、関西国際空港(第1ターミナル)、中部国際空港(旅客ターミナル)、あべのハルカス、新丸の内ビルディング、東京ドーム、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)、市立吹田サッカースタジアム、国立劇場、横浜アリーナ、東京都現代美術館、品川プリンスホテル、横浜新市役所、パシフィコ横浜ノース等施工実績多数
    海外実績
    1960年のアメリカ進出をきっかけに、現在では世界各地にネットワークを広げています。海外進出を目指す日本企業、各国公的機関や現地企業等をお客様に、空港から超高層オフィス・ホテル・工場・美術館など、多彩なプロジェクトを手掛けてきました。設計施工はもとより、技術指導・コンサルティング業務など活動範囲も多岐にわたっています。
    アジアにおいては、タイ・シンガポール・インドネシアで拠点設立から40年以上、マレーシアでは30年を迎えました。中国・インド・ベトナムを含めたアジア地域への派遣社員約150名に加え、ローカルスタッフ約1,700名が活動しています。
    シンガポール・チャンギ国際空港第1、4ターミナル
    バンコク・スワンナプーム国際空港旅客ターミナル
    シンガポール・国立美術館保存再生 等
    URL
    https://www.takenaka.co.jp/
  • 損害保険ジャパン株式会社

    技術内容
    保険事業の他に介護・ヘルスケア事業やその他「安心・安全・健康」をキーワードに多様なビジネスを展開。
    スマートシティ領域ではモビリティ関連事業(自動運転、カーシェアリング、マイカーリース、駐車場シェアリング、MaaS対応保険等)、サイバーセキュリティ事業に積極参入。
    国内実績
    モビリティ関連事業への戦略投資:
    自動運転2019年2月
    カーシェアリング2019年4月
    マイカーリース2019年6月
    駐車場シェアリング2019年10月
    自動運転車に対するリスクアセスメントで自動運転実証実験に複数参画
    オンデマンド乗合交通の実装支援
    サイバーセキュリティ診断からセキュリティ強化・保険まで一連のサービス提供
    海外実績
    北米、欧州、中東、アフリカ、アジア、中南米、オセアニアの32カ国・地域、228都市をカバーするネットワークを整備しています。
    現在、約8,500名のスタッフにより、保険引受業務のほか、事故対応、リスクエンジニアリングなどのサービスを提供しています。
    URL
    https://www.sompo-japan.co.jp/
  • 日本電気株式会社

    技術内容
    AI、IoT、5G等の先端技術を活用し、安全・安心で効率・公平な都市の実現をはじめとする社会課題の解決に貢献しています。
    ・海外市場への生体認証ソリューション、サービスプロバイダ向けソフトウェア・サービス、大型蓄電システムなどを提供するグローバル事業
    ・国内の政府、官公庁、地方公共団体、公共機関等向けにミッションクリティカルシステムを含む社会インフラ・ITシステムを提供する社会公共・社会基盤事業
    ・製造業、流通・サービス業、金融業など民需向けにITソリューションを提供しバリューチェーン全体で新たな価値を生み出すエンタープライズ事業
    ・通信事業者向けにネットワーク機器や運用管理のための基盤システム、運用サービスなどを提供するテレコムキャリア事業
    国内実績
    スマートシティ関連では以下の自治体を中心に実績あり 高松市、富山市、白浜町(南紀白浜)、阿蘇市、加古川市、福岡県、沖縄県
    ■URL
    ・日本 高松市事例(日本語)https://jpn.nec.com/smartcity/case/takamatsu.html
    ・日本 南紀白浜事例(日本語)https://jpn.nec.com/biometrics/face/shirahama-iot/
    海外実績
    特にテレコムキャリア事業、システムプラットフォーム事業について多数の実績あり。
    例えば、通信事業者向け通信ネットワーク機器である超小型マイクロ波無線通信システム、パソリンクは世界153カ国に納入実績があります。また、アジア圏においては、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、インド、韓国、オーストラリア、ニュージーランドに現地法人を持って現地に根付いた活動を行っており、事業を着実に実施できる体制が整っています。
    スマートシティ関連では以下の自治体を中心に実績あり。
    ・スペイン サンタンデール市⇒データプラットフォームを使ったデータ収集分析基盤、センサーとデータを使ったゴミ収集管理サービスの高度化
    ・スペイン コルドバ県⇒廃棄物管理、インシデント管理、設備・資産管理システム、データのリアルタイム収集・分析基盤、オープンデータ基盤、行政と市民のコミュニケーション用Webポータルなど
    ・ポルトガル リスボン市⇒データのリアルタイム収集・分析基盤、既存40システムの統合
    防災に関しては、台湾、フィリピン、インドネシア、タイ等にて実績があります。
    ■URL
    ・ポルトガル リスボン市事例(英語) https://www.nec.com/en/case/lisbon_council/index.html
    ・スペイン サンタンデール市事例(英語) https://www.nec.com/en/press/201405/global_20140507_01.html
    ・ポルトガル リスボン市事例(日本語) https://jpn.nec.com/case/lisbon_council/index.html
    ・スペインサンタンデール市事例(日本語) https://jpn.nec.com/press/201410/20141006_03.html
    URL
    https://jpn.nec.com//
  • 千代田化工建設株式会社

    技術内容
    現業のプラント・社会インフラのEPC事業に加えて、新規ビジネス(非EPC事業)として水素・デジタルを始めとした事業・サービスの展開を目指します。
    ①EPC事業
    プロセスプラント(LNGや石油精製等)や社会インフラ設備(再生可能エネルギー、蓄電池等)の事業計画から設計・調達・建設、運転保守までを一貫してサポートするプロジェクト・ライフサイクル・エンジニアリングを展開しております。
    ②新規ビジネス(非EPC事業)
    (1)フロンティアビジネス
    「水素・炭素循環」、「分散化・データ時代のユーティリティ」および「医薬・ライフサイエンス」を戦略領域としております。未解決の社会・顧客課題に対し、社内外の技術・知見と組み合わせにより社会実装することで社会・顧客に価値を提供します。
    例えば水素に関しては当社の水素輸送・貯蔵技術(SPERA水素)と他社の水素製造・利用技術を組み合わせ水素サプライチェーンの構築を目指します。
    またユーティリティに関しては、当社のエネルギー設備の知見・ノウハウと他社のデジタル技術との組み合わせにより、レジリエントインフラを提供することを目指します。
    (2) デジタルトランスフォーメーション
    当社がプラントEPC事業で培ってきたエンジニアリングの知見とデジタルAI技術を融合させて、プラントの運転・保守のデジタルトランスフォーメーション、具体的にはプラントの運転最適化・自律化、プラントの信頼性の向上に資するソリューションを提供することを目指します。現在EFEXIS®のブランドでLNG Plant AI Optimizer®をはじめとしたデジタルプロダクトのお客様のプラントへの実装を開始しております。
    国内実績
    ①技術を繋ぎ合わせるインテグレーション力
    既存EPC事業では複雑な制約・課題に対して、世界中の最適な技術を繋ぎ合わせて最適なソリューションを提供しております。このインテグレーション能力により、産業設備の要素技術にデジタル技術を組み合わせた高度な社会インフラの構築に貢献します。
    ②水素輸送・貯蔵技術
    今後脱炭素化の動きが加速していく中、当社の水素の輸送・貯蔵技術(*)を利用することにより、環境にやさしい街創りに貢献します。
    (*) 当社はLOHC (Liquid Organic Hydrogen Carrier / 液体有機水素キャリア)を採用し、トルエンと水素を化学反応させてメチルシクロヘキサン(MCH)を生成し、水素を常温・常圧で安全に貯蔵・輸送ができます。
    ③エネルギー設備の安全設計の知見・ノウハウ
    プラント設計時には、プラントが安全かつ安定的に運転できるように、あらゆる可能性を考慮しレジリエントな設備を設計します。この知見を活かし、都市におけるレジリエントなエネルギーの設備を提供し災害に強いまちづくりに貢献します。
    海外実績
    世界で60か国以上でEPCプロジェクトの実績あり(LNGプラントでは世界の40%に関与)
    新規ビジネス分野では、三菱商事株式会社、三井物産株式会社、日本郵船株式会社とともに技術研究組合を設立し、NEDOの助成を受けて、ブルネイ・ダルサラーム国に水素プラント、川崎市臨海部に脱水素プラントを建設し、弊社が開発したSPERA水素®技術を用いて日本へ海上輸送する、世界初の水素サプライチェーン実証事業を実施。
    また、シンガポールでは、シンガポール民間5社及び三菱商事と覚書を締結し、水素の輸入・利用事業を検討中。
    URL
    https://www.chiyodacorp.com/jp/
  • 日揮グローバル株式会社

    技術内容
    海外におけるオイル&ガス分野およびインフラ分野(発電(太陽光発電、バイオマス発電、洋上風力発電、廃棄物発電)、LNG/LPGターミナル、非鉄金属製錬、医薬品、ヘルスケアなど)分野におけるプラント・施設の事業化調査(FS)、基本設計(FEED)、詳細設計・調達・建設(Engineering、Procurement and Construction:EPC)サービスを提供。特に環境適合と経済合理性の両立を実現する地産地消型のインフラ設備の具現化に貢献していきます。
    低炭素・脱炭素社会および循環型社会の実現に向けた各種技術(CO2分離・回収、CO2フリーアンモニア、廃プラガス化リサイクルなど)のビジネス化を推進中。
    国内実績
    グループ会社である日揮において、1928年の設立以来、石油精製、石油化学、化学、LNG受入基地、発電、医薬品・病院・研究所分野において、多数のプラント・施設のEPCプロジェクトの遂行実績を誇るほか、石油精製、石油化学、化学プラントのメンテナンスサービスを提供。
    海外実績
    オイル&ガス分野に代表されるような、巨大かつ複雑なプラント・施設のEPCプロジェクトにおいて豊富な実績を持つだけなく、インフラ分野(発電(太陽光発電、バイオマス発電、洋上風力発電、廃棄物発電)、LNG/LPGターミナル、非鉄金属製錬、医薬品、ヘルスケアなど)分野においては、顧客の構想段階から一緒に事業を構築、推進を行い、顧客の投資効果の最大化とスピーディーな開発計画の実現した実績を持っています。近年では当社海外子会社と連携し、東南アジアでメガソーラー発電設備建設プロジェクトの実績を持つほか、東南アジアの医療品製造設備建設に向けたFS、FEEDの実績があります。
    URL
    https://www.jgc.com/jp/

Y-PORTフロント

Y-PORT HUBに関する問合せは、Y-PORTフロントの受付フォームよりお問合せ下さい。

Y-PORTフロント